ミューズリー食べ方・食べ過ぎ?1日の量・そのまま食べられる?

ミューズリー・食べ方・食べ過ぎ・1日・量・そのまま・食べられる オートミール・シリアル
スポンサーリンク

 

ミューズリーとは、オーツ麦(オートミール)に、ナッツやドライフルーツ等を加えて食べやすくしたものを言います。

最近ではダイエット目的の若い女性や、健康志向の高い方を中心に話題になっている食品です。

発祥はスイスと言われており、オートミールやグラノーラと同様、シリアルの一種です。

ミューズリーは美味しく、食べ方も簡単で手軽に食べられるため、つい食べ過ぎてしまう方も多いようです。

食べ過ぎはどのくらい?1日の量は?そのまま食べられる?

今回はミューズリーの食べ方や、食べ過ぎ、1日の量、そのまま食べられるのか紹介します。

 

ミューズリー食べ過ぎたらどうなる?

ミューズリー食べ過ぎたらどうなる?

ミューズリーは、オーツ麦(オートミール)にナッツやドライフルーツ等を加えて作られており、食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれています。

栄養価が高く、カロリーや糖質は意外と多いため注意が必要です。

 

食べ過ぎてしまうと、カロリーの摂りすぎになってしまい、太ってしまいます。

ダイエット目的でミューズリーを試してみたいと感じている方も多いかと思いますが、食べ方を間違い、食べ過ぎてしまうと逆効果になってしまいます。

 

ミューズリー1日の量はどのくらい?

ミューズリー1日の量はどのくらい?

 

食べ過ぎてしまっては太るということがわかりましたが、どのくらいの量を食べればいいのでしょうか?1日の適正量は40g程といわれています。

通常主食として食べられるご飯は一杯150g程ですので、ミューズリーの適正量が40gと聞くと少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ミューズリーはざくざくとした食感で歯ごたえがあり、よく噛まないといけないため、満足感や満腹感を得られやすいです。

またミューズリーは牛乳をかけたり、ヨーグルトにトッピングしたりして食べることが一般的のため、その分も満足感を得られやすいかと思います。

 

ミューズリーの食べ方

ミューズリーの食べ方

先ほども少しお話しましたが、ミューズリーは牛乳をかけてふやかして食べたり、ヨーグルトにトッピングして食べたりすることが多いようです。

オートミールはどちらかというと、独特な香りが苦手と感じる方も多いようですが、ミューズリーはナッツやドライフルーツ等が加わっている分、とても美味しく食べられます。

 

砂糖やはちみつなどで甘く味付けされたグラノーラとは違い、ミューズリーは味付けされていない物が多く、オーブンでの焼き上げもされていないため、素朴で素材の味わいを楽しめます。

また様々なものが入っている分、味に飽きることなく食べ進めることができます。

 

ミューズリーそのままでも食べれる?

ミューズリーそのままでも食べれる?

ミューズリーはそのままでも食べられるのでしょうか?結論からいうと、そのまま食べられます。

しかし乾燥した食品のため、口の水分を奪われ、飲み込みづらいことがあるようです。

 

そのため、水分といっしょに摂取することをおすすめします。

牛乳に入れてふやかして食べたり、ヨーグルトにトッピングして食べたりすることが一番良いようです。

 

加熱や調理の手間がないため、時間がないときにでも手軽に食べられる点がうれしいですよね。

また、アレンジレシピとしては、クッキーやケーキなどに入れても美味しくいただけるようです。

 

ミューズリー食べ方・食べ過ぎ?1日の量・そのまま食べられる?まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ミューズリーは食物繊維やビタミン、ミネラル等が豊富に含まれています。

栄養価が高く、カロリーや糖質が意外に多いため、食べ過ぎてしまっては太る原因となってしまいます。

1日の適正量は40g程です。

数字だけみると少ないと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、ざくざくとした食感で食べ応えがあるため、満足感・満腹感を感じることができます。

ミューズリーはそのままでも食べられますが、牛乳をかけてふやかして食べたり、ヨーグルトにトッピングして食べたりするのが一般的です。

加熱や調理の必要がなく、手軽に食べられるのが嬉しい点です。

オートミールは苦手という方でも、ナッツやドライフルーツが含まれている分、味に飽きることなく、美味しくいただけるようです。

ぜひ皆様も、試してみてはいかがでしょうか。

今回はミューズリーの食べ方や、食べ過ぎ、1日の量などについてお話をしました。

オートミール・シリアル
食べ物・美容サイト