ミューズリーとグラノーラ違いは?比較・どっちがいいの?

ミューズリー・グラノーラ・違い・比較・どっち・いい オートミール・シリアル
スポンサーリンク

 

若い女性を中心にダイエットや健康に関心が高まっている昨今、様々な食品が市場に出回っています。

その中でも、よく目にする『シリアル』は様々な種類があります。

オートミールやグラノーラは比較的知名度が高いですが、最近はミューズリーというシリアルも人気があるようです。

グラノーラとミューズリーは似ていると言われているようですが、違いはなんなのでしょうか。

どっちがいいの?今回はミューズリーとグラノーラの違いや比較、どちらがいいのかをお話していきます。

 

ミューズリーとグラノーラの違い

ミューズリーとグラノーラの違い

似ていると言われるミューズリーとグラノーラですが、どのような違いがあるのでしょうか。

まず共通しているのはオートミールとナッツ、ドライフルーツが入っている点です。

 

ミューズリーはオートミールにナッツやドライフルーツ等を加えて食べやすくしたもので、砂糖やシロップ、はちみつなどで味付けしていない物が多く、素材の味を楽しめるのが特徴です。

 

一方、グラノーラはオートミールに砂糖やシロップ、はちみつ等で味付けがされ、オーブンで焼き上げた後、ナッツやドライフルーツが加えられたものとなります。

甘い味付けで美味しく食べられるのが特徴です。

 

端的にいうと、オーブンで焼いているか、焼いていないかと砂糖やシロップ、はちみつ等で味付けがされているか、されていないかが違いとなります。

 

ミューズリーとは?

ミューズリーとは?

ミューズリーは、スイス発祥のシリアルです。

 

先ほどもご説明した通り、ミューズリーはオートミールにナッツやドライフルーツ等を加えて食べやすくしたものです。

砂糖やシロップ、はちみつなどで味付けがされていない分、素材の味を楽しめるのが特徴です。

 

リゾットや米化して食べることが多いオートミールと違い、ミューズリーは牛乳をかけて食べたり、ヨーグルトにトッピングして食べることが一般的です。

 

グラノーラとは?

グラノーラとは?

グラノーラは、アメリカ発祥のシリアルです。

 

オートミールに砂糖やシロップ、はちみつ等で味付けがされ、オーブンで焼き上げた後、ナッツやドライフルーツ等が加えられたものとなります。

商品によっては、ナッツやドライフルーツが入っていないものがあるため、原材料表示を確認してみるといいかと思います。

 

グラノーラは甘い味がついている分、おやつ感覚で美味しく食べられるのが特徴です。

 

ミューズリーとグラノーラ比較・どっちがいい?

ミューズリーとグラノーラ比較・どっちがいい?

砂糖やシロップ、はちみつ等で味付けされ、オーブンで焼いて作るグラノーラと違い、ミューズリーは味付けをされていない物が多いです。

グラノーラは糖と油脂を使っているため、糖質が多く、高カロリーとなります。

 

一方甘い味付けをしていないミューズリーは、グラノーラと比較すると低糖質、低カロリーとなります。

そのためダイエット目的の場合はミューズリーがおすすめとなります。

ミューズリーは素材の味を楽しめるのも嬉しい点です。

 

しかし、材料に含まれるオートミールはもともと栄養価が高く、カロリーも高めのため、どちらにしても食べすぎには注意が必要です。

またグラノーラはおやつ感覚で美味しく食べられるため、オートミールの風味が苦手という方でもおいしく食べることが出来ます。

 

ミューズリーとグラノーラ違いは?比較・どっちがいいの?まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

ミューズリーとグラノーラは、オーブンで焼いているかと砂糖やシロップ、はちみつ等で味付けがされているかが違いとなります。

オートミールに砂糖やシロップ、はちみつ等で甘く味付けがされ、オーブンで焼かれた後、ナッツやドライフルーツを加えられたものがグラノーラです。

一方でオートミールにナッツやドライフルーツを加えて食べやすくしたもので、甘い味付けがされていないものが多いのがミューズリーとなります。

グラノーラは甘い味付けをしている分、おやつ感覚で美味しく食べられますが、その分ミューズリーと比べるとカロリーや糖質が高めとなります。

そのためダイエット目的の方はグラノーラよりもミューズリーの方がおすすめとなります。
ミューズリーは素材の味を楽しめることも特徴のひとつです。

ミューズリーとグラノーラ、ご自身にどちらが合うのか食べ比べてみてはいかがでしょうか。

今回はミューズリーとグラノーラの違いや比較、どちらがいいのかについてお話しました。

オートミール・シリアル
oatmeal|オートミール情報・口コミ