心理

考えすぎる人ほど頭がいい理由は?メリットとデメリット・天才って本当?

考えすぎる人ほど頭がいい理由・メリット・デメリット・天才 心理
スポンサーリンク

 

考えすぎる性格は一見、あまりよくないイメージがありますよね。

ですが、考えすぎるタイプの人は頭がいいと言われることも。

なぜ頭が良いのでしょうか?

考えすぎることはデメリットになることもありますが、メリットになることもあります。

ここでは、考えすぎる人が頭がいい理由と、メリット・デメリットをご紹介します。

 

考えすぎる人ほど頭がいい

考えすぎる人ほど頭がいい

「考えすぎてしまう…」という人は、自分自身が考えすぎである性格を理解し、それがマイナス面であると考えている人も多いです。

考えすぎることでに人付き合いも疲れやすくなり、深く考えすぎる結果、心にダメージを受けやすくなります。

そのようなデメリットがある一方で頭が良いと言われる理由。

 

まず、そもそも「考えすぎる」ということは当たり前にできることではなく性格の部分が強いです。

そのため「考えすぎよう」と思って簡単にできることではないんですよね。

考えすぎるということは物事を深く考え、理解をすること。

 

考えすぎることで、状況のあらゆる側面を見渡し、関係者全員にとって最適な解決策を導き出すことができます。

結論に至るまでに時間がかかるかもしれませんが、到達した結論は、可能な限りベストなものになるはずです。

 

考えすぎる人ほど頭がいい理由

考えすぎる人ほど頭がいい理由

考えすぎない人とは違う方法で物事を考えることができるなどメリットも多い考えすぎる人。。

 

考えすぎる人は、状況のポジティブな面とネガティブな面の両方を見て、周りにとってベストな解決策を導き出すことができるのです。

このような考え方は、仕事ではもちろんのこと、普段の生活の中でも最適なものを選びやすくなります。

考えすぎる人ほど頭が良いのか、理由をご紹介します。

 

考えすぎる人ほど頭がいい理由①リスクについて考えることができる

 

考えすぎる人は、経験をもとにリスクを考えることもできます。

つまり、過去の経験を考慮し、それをもとに未来について判断することができるのです。

そのため、より情報に基づいた、悪い結果を招きにくい意思決定ができます。

 

表面だけ見て考えてしまえば、ポジティブな面やメリットしか目に入らないこともありますよね。

ですが、深く考えることによって他の人が感じていないデメリットやマイナス面に気づくことができるのです。

 

考えすぎる人ほど頭がいい理由②他人のことを考えることができる

 

考えすぎる人は、他の人のことも考えることができます。

つまり、自分の行動が他人にどのような影響を与えるかを理解することができるのです。

自分の行動がもたらす結果を見極め、1番良い決断を下すことができるのです。

 

考えすぎる人は自分にとってのメリットだけでなく、相手にとってのメリットは何かを考えることができます。

 

考えすぎる人ほど頭がいい理由③頭の中で何度もシミュレーションをする

 

考えすぎる人は、頭の中で何度もシミュレーションをすることもできます。

 

頭の中でさまざまなシミュレーションをして、それが現実にどう展開するかを確認することができるのです。

そうすることで、1つ以上の可能性に基づいた意思決定ができるようになるのです。

考えすぎる人の場合は考えすぎることを自分の意思では止められない部分があるので、何度も頭の中で考え、深く考え続けます。

その結果、どこで自分が躓くかを把握していき、ミスを避けるような行動が可能なのです。

 

考えすぎる人のメリット

考えすぎる人のメリット

考えすぎる人には、多くのメリットがあります。

リスクやデメリットを考えるのが得意なのです。

 

考えすぎることのメリット

  • 考えすぎることで、創造性を高めることができる。
  • 考えすぎは、問題解決能力の向上につながる。

 

 

考えすぎる人のメリット①リスクやデメリットを考えることができる

 

考えすぎる人の長所として、リスクやデメリットを考えることが得意なことが挙げられます。

考えすぎるがためにリスクやメリットに目を向けすぎてしまい、動けなくなってしまうことが多いのもこのタイプです。

プラス面だけを見ることはなく、マイナス面も必ず見ています。

 

考えすぎる人のメリット②失敗が少ない

 

考えすぎる人のもう一つの利点は、失敗が少ないことです。

深く考えて行動することになるので失敗は少なくなる傾向がありますが、失敗を恐れて行動できなる傾向もあります。

ですが、考えすぎてしまう人は頭の中で何度も深く考えているため、無謀なチャレンジはしません。

到底、目標達成が不可能なことを目標にすることはなく、比較的現実的な目標をたてます。

 

 

考えすぎる人のメリット③考えすぎる人はアイディアが豊富

 

他の人よりも思考している時間が長くなるので、他の人が思いつかないアイディアも思いつきやすくなります。

表面をサラッと見ただけのアイディアではなく、物事を深くとらえた上でアイディアが出てくることも。

そのため、他の人とは違う角度で物事をとらえることが可能です。

 

また、考えすぎる人は物事をあらゆる角度から見るため、他の人がしないような発想に行きつくことも多くなります。

 

考えすぎる人のデメリット

考えすぎる人のデメリット

考えすぎることのメリットを紹介しましたが、どれでもデメリットになってしまうことも。

比較的「考えすぎてしまう…」と考えている人はそれがデメリットと思っている方が多い理由です。

デメリットについてそれぞれご紹介します。

 

考えすぎる人のデメリット①ネガティブになりやすい

 

考えすぎる人のデメリットとして、ネガティブに見られることが挙げられます。

また、自分自身がネガティブ思考へいってしまうことも。

考えすぎる人は考えすぎと思われやすく、そのように言われた経験がある方も多いです。

 

また、自分の意思で「考える」と決めているわけではないので、会話の最中に突然考え始めることも多々あります。

考えすぎる人は物事が見えすぎてしまうため、自分に対してもネガティブになりがちです。

考えすぎてしまった結果、自分自身を過小評価したり、自信のなさに悩むことも多いです。

 

 

考えすぎるデメリット②リスクやデメリットに集中してしまう

 

考えすぎる人は物事と深く追求するところがあるので、プラス面だけでなくマイナス面も目に入りやすくなります。

そのため、リスクやデメリット部分に目を向けすぎて、物事の楽しさに目を向けにくくなる可能性があります。

また、リスクを見過ぎた結果、行動に繋がらないこともあるのです。

 

不安になる可能性がある

 

考えすぎる人は、不安になることもあります。

これは、常に何か悪いことが起こるのではないかと考えてしまうからです。

先のことまで深く考えてしまうため、どのような危険や注意点があるかも把握しています。

先を考えすぎた結果、不安になってしまうことも多くあるのです。

 

考えすぎる人は天才なのか?

考えすぎる人は天才なのか?

よくある誤解として、考えすぎる人は天才だというものがあります。

確かに考えすぎは創造性を高めることにつながりますが、考えすぎる人が頭がいい理由はこれだけではありません。実は、考えすぎる人が頭がいい理由は、いろいろあるのです。

 

考えすぎる人が天才というわけではありませんが、分析力が高く、細部まで気を配る傾向があります。

また創造力が豊でクリエイティブな人が多いようです。

物事をさまざまな角度で見ることができ、問題に対する新しい革新的な解決策を見出すことができます。

 

考えすぎる人はさらに記憶力が良い点があげられます。

時間がたってから分析をはじめることも多く「あの人のあの発言の意味は何か」など、記憶を巻き戻し、考えることも多くあるはずです。

思い出そうとしている情報をよりよく理解しているため、記憶も引っ張り出しやすくなります。

さらに問題解決に長けているのは、問題のあらゆる側面を見渡すことができるから。

 

考えすぎる人が悪い方向になれば、未来を不安視し、あらゆるもののマイナス面やリスクを考え、行動できなくなってしまいます。

しかし、良い方向に使えば、物事の本質を理解し、深く考え、ネガティブな面も含めて現実を直視し、新しいことにチャレンジしていきます。

 

考えすぎる性格とうまく付き合っていく方法

考えすぎる性格とうまく付き合っていく方法

考えすぎる性格はマイナスに働いてしまうことがあります。

人に感情の裏を読んでしまったり、人の言葉の意味を深く考えてしまうことも多いですよね。

相手が何をメリットと考えているのか、どのようにしてほしくて言っている言葉なのかも理解してしまうため、人間関係に疲れる人も多くいます。

また、相手が求める自分を理解してしまうため、相手が求める自分を演じてしまうところがあります。

嘘を見抜いても嘘だと相手に伝えず、あわせることも多いのではないでしょうか。

 

考えすぎる性格で悩んでいる人は

  • 人との関わりの見直し
  • 嫌いな人や悪意のある人との関わりをなくす
  • 一人の時間を確保
  • 誰にも邪魔されない思考する時間を作る
  • 考えすぎる性格は悪いわけではないことを理解する
  • 考え方を変える

 

考えすぎる性格の人はネガティブになりやすい点があります。

それは不安やマイナス面に目を向けることで、決して悪いことではありませんが、それによって心にダメージを受けやすくなります。

 

考えすぎる性格=分析能力が高い

と意識を変えることによって、分析や先読みなどあらゆる場面で役立ってきます。

「考えすぎよう」と思っても、自然とできる人は少ないのです。

「深く考えてみよう」と思ってはじめて人は深く考えます。

物事を表面だけでしかとらえていない人も多く、相手の本質は何なのか、この物事の本質はいったい何なのか?を考える人は非常に少ないのです。

 

考えすぎるというのは性格だからこそ、止まらない。それは一つの能力です。

嫌な人や嫌な環境からはできる限り離れて、自分の中でゆっくり思考する時間を作ってみてくださいね。

 

 

考えすぎる人ほど頭がいい理由は?メリットとデメリット・天才って本当?まとめ

 

考えすぎる人ほど頭がいい理由は?メリットとデメリット・天才って本当?について紹介しました。

考えすぎる性格はデメリットにもなってしまいますが、メリットでもあります。

考えすぎる性格でデメリットに働きやすいと感じる場合は今ある環境や人間関係の負担が大きいことが多いです。

考えすぎる人自体が頭が良いというよりは物事をあらゆる角度からとらえることができ、深く追求することができるから頭が良いと思われやすいという点ですね。

考えすぎる性格の方はその性格を自分の短所としてとらえてしまいがちです。

あまり考えないタイプの人からすれば簡単にまねができることではありません。

考えすぎる性格をやめたいと考えるのではなく、どうすれば自分にとってこの性格がプラスになるのか、どうすればゆっくりと自分が思考できる時間を作れるのかを考えたほうが楽しくなるのではないでしょうか。

この記事が参考になると幸いです。

スポンサーリンク
supipiri(スピピリ)