心理

何もかもどうでもいい?人生どうでもいい人の心理

何もかもどうでもいい・人生どうでもいい人・心理 心理
スポンサーリンク

 

多くの人は、一度は感じたことがある「何もかもどうでもいい」という感情。

人生なんてどうでもいいと感じてしまうことも。

投げやりな気持ちになってしまうことに隠されたサインがあります。

人生はどうでもよくなると楽?

人生なんてどうでもいい、何もかもどうでもいいと感じる心理や特徴についてご紹介します。

 

 

人生なんてどうでもいい?

人生なんてどうでもいい?

悪いことが続くと、人生なんてどうでもいいと感じてしまいがちです。

「他人に騙された」「愛する人を失った」「誰も信用できない」「自分は無価値なのではないか」このように感じてしまうことが原因なこともあります。

 

何かしらの出来事や諦めの気持ちから「人生なんてどうでもいい」と感じてしまうようになってしまうのです。

だけど何もかもどうでもいいと感じることはサインであることもあります。

 

しかし、なぜ人生は重要でないように感じられるのでしょうか。

「人生なんてどうでもいい」「何もかもどうでもいい」と感じる人の心理について紹介します。

 

 

人生どうでもいい・何もかもどうでもいい人の心理

人生どうでもいい・何もかもどうでもいい人の心理

人生に無関心な人には、いくつかの共通点があることが多いです。

また、メンタル不調になっていることも多くあります。

愛する人の死など、トラウマになるような出来事を経験したことがあるのかもしれません。

自分の思い通りには進まず、自分を否定してしまっている場合もあります。

 

または、単に「人生」というものをあまり考えていないこともあります。

何をやっても意味がないと思っているのかもしれません。

自分自身の幸福や、他人の幸福に関心がない場合もあります。

 

何もかもどうでもいい心理①人生の答えが見えるとどうでもよくなる

 

この先が見えてしまうと、何もかもどうでもいいという心理になってしまうことがあります。

例えば、この先の人生に期待をしている場合とこの先の人生に諦めを抱いた場合では大きく違うのです。

 

かつては大切だと感じていたものでさえ、その意味を失ってしまうことがあるのです。

仕事に行くことも、自分を大切にすることも、意味を見いだせなくなるかもしれません。

 

何もかもどうでもいい心理②人生に変化や成長がなければ意味はない

 

変化や成長がないとき、人生はかなり無意味に思えるかもしれません。

何をやっても変わらないと思うので、意味がないと感じ、この先の未来に期待は持てなくなります。

 

目標や努力するもの、向上心がない人生は退屈になりがちです。

変わらない自分をみて諦める気持ちになることもあります。

また、「変えていきたい」「成長したい」と望んでも、思い通りには進まないことがあります。

 

このような時に諦める気持ちに傾くと、どうでもいいと感じるようになってしまうのです。

 

何もかもどうでもいい心理③真面目すぎる

 

人生を真剣に考えすぎることの最大の問題は、人生の喜びを見失うことにつながることです。

人生を真剣に考えすぎると、自分の目標や野心に集中しすぎて、自分のために生きることを忘れてしまいます。

その結果、空虚で満たされない気持ちになるのです。

 

目標は達成できても、人生を豊かにするものを見失ってしまうことも。

何かの目標を掲げてそれが達成できなかった時に挫折を覚えます。

そんな時に人生の意味とは何か。もう何もかもどうでもいいのではないか。と考えてしまうことも多くあるのです。

 

実際は真面目で一生懸命な方なことも多くあり、真面目さがあるがために心に負担がかかってしまうことも多いのです。

 

何もかもどうでもいい心理④自分自身を見失う

 

「自分はいったい何が好きなのか」

「自分はいったい何をしているときが楽しいのか」

理論的に考えているうちに自分自身の感情を見失ってしまうこともあります。

 

人生を真剣に考えすぎることは逆に心に負担をかけてしまうのです。

心に負担をかけてしまうと

自分の気持ちがわらかなくなってしまい、何もかもどうでもいいように思えてしまうことがあるのです。

 

何もかもどうでもいい心理⑤やりたいことをやらない

 

自分のやりたいことをやっていないため、人生がどうでもいいと感じることも。

  • 自分が何をしていきたいのか
  • 自分はどこへ行きたいのか
  • 自分が何が欲しいのか

自分自身を見つめることで、やりたいことも出てきます。

 

やりたいことがとくにない人生だと、毎日同じことの繰り返しになりやすく、新しい発見や自分の気持ちにも気づきにくくなっていきます。

 

何もかもどうでもいい心理⑥完璧主義者

 

人生を真剣に考えすぎることのもう一つの問題は、完璧を求めるようになることです。

 

目標を達成しても、「もっとうまくやれたはずだ」といつも思ってしまい、自己肯定感は下がりがちです。

完璧主義の人は人に頼ることも下手な方が多く、常に自分に満足できない傾向があります。

完璧主義なのに完璧にできない自分にイライラしやすいです。

 

何もかもどうでもいい心理⑦論理的な思考しかできない

 

論理的な思考しかできない人は深く考えすぎてしまい、感情などを置き去りにしてしまいがちです。

「人生とは何なのか」

考えても答えが見つからないことを深く考えてしまうことも。

心の中で「なぜ?」を繰り返してしまい、それが逆に生きにくさを感じてしまう原因になることがあります。

 

 

何もかもどうでもいい心理⑧投げやりな気持ち

 

投げやりな感情も、人生どうでもいいと感じている人の特徴です。

重要でないように見えても、時間が経つにつれて蓄積されていきます。

 

これは、虚無感や無気力感につながる可能性があります。

 

何もかもどうでもいい心理⑨自分の存在を否定された経験がある

 

人生がどうでもいいと思える理由のひとつに、「自分はどうでもいい」と感じていることがあります。

これは、トラウマを経験したときや、他人からの拒絶されたときに起きることがあります。

困難な家庭環境で育ったとか、学校でいじめられたとか。

 

その結果、自分には愛や幸福を得る価値がないという気持ちになったのかもしれません。

 

このような気持ちは、無価値感や孤立感につながることがあります。

自分が透明人間であるかのように感じたり、自分の人生には何の目的もないと思ったりすることもあるでしょう。

 

 

何もかもどうでもいい心理⑩孤独を感じている

 

孤独を感じるのは、周囲に人がいても起こりうることです。

 

人とのつながりが希薄であったり、誰にも理解されないと感じたり。

これは、孤独感や絶望感につながる可能性があります。

 

孤独を感じると、誰も自分のことを気にかけてくれないと思いがちです。

そうすると、自分の人生などどうでもいいという気持ちになることがあります。

 

何もかもどうでもいい心理⑪他人に騙されたことがある

 

人に騙されたことがあり、自分自身を否定された気持ちになることも特徴の一つです。

友人や家族に裏切られたり、信じていた人に裏切られたことなど。

 

他人に傷つけられたとき、人は信用できないと考えてしまうことがありますよね。

そうすると、自分の人生なんてどうでもいいという気持ちになります。

 

何もかもどうでもいい心理⑫最愛の人を亡くした経験がある

 

人生が重要でないように見えるかもしれないもう一つの理由は、あなたが愛する人を失った経験を持っているからです。

 

あなたは、あなたが世界で一人であるように感じるかもしれません。

悲嘆に暮れているとき、人生なんてどうでもいいと思ってしまうもの。

 

最愛の人を亡くした辛さは夜になるとふと思いだしたり、苦しくなることもあります。

 

しかし、いずれは痛みが和らぎ、再び喜びを見出すことができるようになることを覚えておくことが大切です。

 

何もかもどうでもいい心理⑬自分自身を見失っている

 

人生が重要でないように見えるもう一つの理由は、あなたが自分自身を失ってしまったからです。

これは、あなたの人生で困難な時期に発生する可能性があります。

 

  • 仕事がうまくいかない
  • お金に困っている
  • 人間関係で辛い

このような難しい状況で起こりやすくなります。

 

自分自身を見失うことの原因に「自分の気持ちの小さな変化」に気づかないということも。

その結果、自分が誰で、人生で何を望んでいるのかを見失っているのかもしれません。

 

人生がどうでもよくなったときの対処法

人生がどうでもよくなったときの対処法

人生がどうでもいいと感じている人は、自分だけではないことを理解することが大切です。

多くの人が、人生のどこかの時点でこのように感じています。

どのように対応すればいいのでしょうか?

対処法についてご紹介します!

 

対処法①信頼できる人に相談する

 

信頼できる人に話す

「人生なんてどうでもいい」と感じる理由を理解するためには、信頼できる人に話すことが大切です。

友人でも、家族でも、セラピストでも、あなたが話しやすいと思う人なら誰でもかまいません。

誰かに話すことで、何がそのように感じる原因なのかを理解し、それを解決する方法を見つけることができます。

 

対処法②自分の価値観を確認する

 

自分の価値観を確認するもうひとつは、自分の価値観を確認すること。

 

あなたにとって大切なものは何ですか?

自分にとって何が大切なのかが分かれば、その価値観に沿った生き方をすることができるようになります。

そうすることで、自分の人生に目的があると感じ、より充実した生活を送ることができるようになります。

 

人の価値観が気づかないうちに、自分に価値観となってしまうことがあります。

自分は何を大切にしたいのか、何が好きで何が嫌いか、自分の価値観をしっかり見つけ直し、自分のことをよく知ることはとても大切なことです。

他人の価値観を自分の価値観にしないように、自分の価値観を考えてみてください。

 

対処法③趣味を見つける

 

趣味を見つける

「人生なんてどうでもいい」という気持ちに立ち向かうもう一つの方法は、自分が楽しめる趣味や活動を見つけることです。

楽しいと思えることをすることで、人生に目的があると感じられるようになります。

また、「人生なんてどうでもいい」と感じる原因となっているものから、気持ちを解放することもできます。

 

何かに没頭したり、夢中になる時間があれば人生は楽しいものになります。

 

趣味がなければ「昼間のコーヒーを一人で飲みながらおやつを食べる時間」など、ご自身にとって心地よく感じる時間でもいいと思います。

ご自身が心地良いと思うものや、好きと感じるものを探してみてください。

 

人生どうでもいいはサイン

人生どうでもいいはサイン

前にも述べたように、「人生なんてどうでもいい」と感じるのはサインです。

自分の心が自分に「何かおかしい」と伝えているんです。

 

最も一般的な原因の1つは、自分の価値観と一致した生き方をしていないこと。

自分の価値観と一致した生き方をしていないと、人生に目的がないように感じてしまうことがあります。

これは、自分にとって重要なことをしていないから。

人の価値観を自分の価値観だと気づかないうちに、勘違いしてしまうこともあります。

意識していなくても幼少期からの大人の価値観が自分の価値観となっていることも。

 

あなたは他の人が「こうすべきだ」という考えを価値観にして取り入れてしまっているのかもしれません。

しかし、自分の価値観に合っていなければ、自分を幸せにすることはできません。

 

 

人生がどうでもよくなってしまうもう一つの原因は、今この瞬間を生きていないことです。

常に将来を心配したり、過去の辛い出来事を思い出すと、今この瞬間を楽しむことが難しくなります。

そうすると、自分の人生は無価値にさえ思えてきてしまうのです。

過去のつらい体験やトラウマ、恥をかいた経験や失敗した経験は誰もが持っています。

ですが、過去に縛られていると今を楽しめなくなってしまいます。

さらに、未来を想像しワクワクする場合と違い、不安によって未来を想像してしまうことは、現在の自分にとってはマイナスになってしまいますよね。

 

人生がどうでもいいと感じるのは、「自分を見つめなおす」大事なサイン。

自分が「どうありたいのか」「どのようなことがしたいのか」「どんなものが好きで、何が楽しいのか」自分だけのゆったりした時間をぜひ作ってみてください。

自分自身の価値観や考え方をしっかり見つめなおすことで、自分のことがわかるようになります。

これは他人からのアドバイスや助言では難しい部分。

自分の中にしかありません。

 

何もかもどうでもいいと考えると楽になる?

 

ある程度の人が何かしらの諦めの感情を持って生きています。

必死に頑張って生きてきたからこそ「何もかもどうでもいい」という感情にたどり着いていることも。

 

ですが、すべてを諦めて生きることが必ずしも楽とは限りません。

苦しいと感じている人や生きにくいと感じる人もいます。

 

「何かの目標に向かって生きていく」ということが合わない人ももちろんいます。

今現在、「何もかもどうでもいい」という自分の感情があるのは事実なので、それを受け止めてあげることや、その時その時の感情や気持ち、自分自身を大切にしてあげることは大切なことだと思います。

「何もかもどうでもいい」と感じている今の自分自身を否定せず、まずは受け止めてあげてください。

 

 

何もかもどうでもいい?人生どうでもいい人の心理まとめ

 

何もかもどうでもいい?人生どうでもいい人の心理について紹介しました。

なぜか、うまくいかないことが立て続けに起きることがあります。

そのような辛い状況の時にどうでもいいと感じることもありますし、心の不調によってどうでもよく感じてしまうこともあるのです。

そのような感情を抱えている時はそんな自分を否定せずに、自分を大切にする時間をとってみてほしいと思います。

参考になると幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク
supipiri(スピピリ)