カロリーメイト 昼食・ランチは何本食べていい?毎日食べていいの?

カロリーメイト・昼飯・ランチ・何本 カロリーメイト
スポンサーリンク

 

カロリーメイトは身体に必要な栄養素を手軽に補給できる栄養食です。

スーパーやコンビニなどで購入でき、いつでもどこでも手軽に食べれます。

忙しい時の昼食や、栄養バランスを考えたダイエットの際のランチにもオススメ。

だけど食べ過ぎると身体の負担になる場合も。

毎日食べてもいい?昼食に食べてもいい?

カロリーメイトをランチとして食べることができるのか、何本食べていいのかについて紹介します。

 

カロリーメイトを昼食に食べる

 

カロリーメイトとは身体に必要な5大栄養素をバランスよく手軽にとれる栄養食です。

 

身体に必要な11種類のビタミン、5種類のミネラル、タンパク質、脂質、糖質を手軽に補給できます。

1箱4本入りのカロリーメイトを食べると、1日に必要な量の約半分のビタミンがとれるとのこと。

1本100kcalとわかりやすくカロリー計算がしやすいのも特徴です。

 

またチーズ味、フルーツ味、チョコレート味、メープル味、プレーン味と味も豊富。

ブロックのタイプの他にゼリータイプやリキッドタイプもあります。

いろんな種類・味があるので毎日食べても飽きがこないのが良いですね。

 

カロリーメイト毎日昼食に食べるのはいい?

 

結論から言いますと、毎日昼食に食べても問題ありません。

ただカロリーメイトは糖質と脂質が多く含まれているので、食べる量に気を付けなければ肌荒れやニキビの原因となります。

また過剰に摂取すると糖尿病のリスクもあるとのこと。

カロリーメイトのみの食事にしてしまうと、どうしてもタンパク質や食物繊維が不足してくるので昼食に食べるなら朝夕の食事はバランスの良い食事をすることを心掛けましょう。

 

毎日食べ続けることで、健康な状態を保てるかどうかは医学的にも未解明なそうなので、毎日の昼食にするよりは忙しい時などの時短ランチとして扱うのがよいかもしれません。

ですが昼食におにぎりやパンを1つだけ食べる食生活なら、カロリーメイトを食べるほうがバランスよく栄養をとれるでしょう。

 

カロリーメイトランチ・昼飯になるの?

カロリーメイトは消化吸収が早いので、通常の食事と比べて腹持ちがしないと言われています。

 

個人によって違いはありますが、2~3時間程でお腹が空いてくることもあるとのこと。

昼食として食べる際には腹持ちをさせるために水分を多めにとるか、サラダやゆで卵、スープなどと一緒に食べるのがオススメです。

カロリーメイトのみを昼食に食べる時は、カロリーメイト自体が少し甘いのでコーヒーなどを飲みながら一緒に食べるのがよいでしょう。

ランチにカロリーメイトを選ぶと食べ過ぎを防ぐことができるので、食後の眠気がなくなるというメリットもあります。

 

カロリーメイト昼食何本が目安?

1食に必要なカロリーが「男性で約600kcal~800kcal」、「女性で400kcal~600kcal」と言われています。

 

カロリーメイトは1本あたり100kcalなので、カロリーメイトのみで昼食を済ませる場合「男性は6~8本まで」、「女性は4~6本まで」が食べる本数の目安です。

主食(ごはんやパン)と置き換えておかずをそのまま食べる際は、カロリーメイトは2~3本にしておくのがよいでしょう。

 

カロリーメイト 昼食・ランチは何本食べていい?毎日食べていいの?まとめ

 

カロリーメイトについて紹介しました。

身体に必要な栄養素をバランスよくとることができるカロリーメイト。

手軽に食べることができ、忙しい時のランチにも最適ですね。

1本=100kcalなので何本食べていいのかの計算もすぐにできます。

昼食に食べると食べ過ぎを防ぎ、食後の眠気を抑えれることもあるようです。

過剰摂取を避けるだけで手軽に栄養を摂取できるのでバランスよく食事に取り込んでみてください。